スポンサーリンク

パラシェルターのススメ!Ver140版ヒト速積んだらヤバい!

2017年11月8日splatoon2Splatoon2,パラシェルター,立ち回り

皆さんイカがお過ごしでしょうか?のぶです。

17年10月11日にSplatoon2はVer1.4.0 にアップデートされました。
かなり細かいところで色々調整されましたが、パラシェルターこと「傘」について感想を述べます。

キャンピングは、俺には無理なので書いてません。カンベンナ!

※17年10月18日更新 Ver1.4.0での傘の戦い方で心がけてることを書きました

 

パラシェルターは、スぺ性能を少し下げて全体の能力が向上

項目ごとの感想です。

スポンサーリンク

パラシェルターの能力向上要素!

・カサを開き始めるまでにかかる時間を8/60秒短くしました。
・カサを開き始めてから完全に開き切るまでの時間を10/60秒短くしました。

これで撃ち合いにもつれ込んだ時に、傘を開けて敵の攻撃を防げる確率が高くなりました。
Ver130だと開く前に殺されることも多かったので、かなり先読みが必要だったんですよね。

散弾銃連発よりも、傘を開くことがより重要にり、開ければ生存率が上ることになります。

地味だけど他ブキだと弾速が速くなったと同じぐらい、大きな強化要素ですね。

とは言え、ローラーのように一撃死の場合は、間に合わないので油断は禁物です。

・カサを開いている間の移動速度を約38%速くしました。

傘は開くと今まで遅かったのですが、約4割の速度上昇です。
これにより、傘を開いた後に相手に体当たりすることが可能となりました。

散弾銃を連射するより、素早くダメージを与えれることになります。

ヤグラなど接触することが多い時は、体当たりは有効です。

・相手のシューター(ブラスターを除く)、スピナー、マニューバーからカサに対するダメージを約30%減らしました。

しかも、傘の受けるダメージが30%減と言うことは、耐久力も上がったことになります。
今までは、傘開いてもそのまま撃ちこまれて傘が壊れてたんですが、今後は、粘ることで仲間の助けや、読み合いへの展開、または相手のインク切れなど、生存確率が高くなりました。

・1回の発射でのダメージの最大値は90.0のまま、散弾1発当たりのダメージを15.0から18.0に増やしました。

今まで6発当てる必要があったのが、5発当てれば良くなったのです。

相手は常に動きまわるイカなので、全て当てることは難しい。
それでも、カスあたりは結構あったのですが、そのカスったダメージが増えたのデス。

アメフラシ(イカ、アメ)のダメージと合わせると大きなダメージになるでしょう。

・カサがイカスフィアに接触しても、すぐに壊れないようにしました。
・散弾で相手のイカスフィアに対して与えるダメージを約30%増やしました。

一回はイカスフィアの体当たりを防いでくれました。

また、散弾でイカスフィアをかなり壊しやすくなりました。対物を使うともっとらくになるのかなーと感じます。

これにより相手が直ぐ爆発させるのか、それとも体当たりを連発してくるのか?と言う読み合いに持ち込めるようになりました。

とは言え、イカスフィアが強力なスペシャルであることは変わりません。

イカスフィアと戦う時は、仲間がいる、周りが自分のインクなど、有利な時だけにしましょう。

パラシェルターのパワーダウン要素!

パラシェルター
ヒーローシェルター レプリカ
160 180

アメ使うのに必要なスペシャルポイントが「160」→「180」と多くなった。

このゲームは相手からエリアなどを取り返す時は、スペシャルが大きな役割を果たします。
スペシャルポイントの増加は、手痛いダウンかと思ってたんですが、今のところ大きな影響はなさそうです。

結論Ver1.4.0のパラシェルターは大幅なパワーアップ

Ver1.3.0についての記事でも書きましたが、Ver1.3.0時には、相手イカと戦うなどもってのほかだったのに、Ver1.4.0になって、相手イカと一対一だと多少戦えるようになりました。

2017年11月8日splatoon2Splatoon2,パラシェルター,立ち回り

Posted by nobu