保育園問題と選挙の関係

センキョン

皆さんイカがおすごしでしょうか?のぶです。

今さらですが、前から気になってた話題を一つ

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)

保育園の解決は選挙しかない

保育園に子供を預けることが出来ず、日本しね過激な言葉をブログに書かれる。それが何をもってか、国会にまで取り上げられるという。

今話題になっている問題を解決するには、国を動かすしかないために選挙しかないだろうと思います。なぜならこの手の問題は、保育所建設の規制改正や、予算を確保しないとダメだからです。しかし、お金がかかるとなると今の既存勢力との戦いになります。または増税ですが・・・ひょっとしたら次の選挙の大きな争点になるかも?

 
・お金をかけずに今ある既存のもので出来ないか?

 既存のものを流用すると言っても、待機児童問題は、大都市でおおく、場所の問題や保育士さんの確保の問題があります。場所は法律での規制であり、保育士さんは訴訟や給与の問題ですね。これを解決しても、今まで預けるのを諦めてた「隠れ待機児童」が預けたいと希望するようになります。今のとこ何時までたっても無くらないのです。
 もっと言えば大都市は待機児童が居ますが、地方によっては待機児童が居ない地域もあるようです。そして待機児童が居なかった場所でも、待機児童が居ないと聞いた若い夫婦がドット押し寄せて待機児童が発生することもあるようです。(新規マンションが建つとそうなるようです)

 待機児童の根本的な解決は、中々難しいと思います。子供の数ぴったりに人や物を用意するなんて無理だからです。余裕を持ってするのが良いのでしょうが、税金でどれだけ余裕を持たせるのかは、その都度議論になるでしょう。

 そしてお金の議論をするのが政治家になります。
 現状の税制からどれだけ子供に割り当てるか、高齢者に分けるかと言った話ですね。
 この問題は与党野党問わず一丸になって取り組むべき問題と思いますが、議員さんによっては、いや子供も大切だが、高齢者にもお金を回すべきだと思う議員さんが多いのでしょう。そう思った結果高齢者への「3万円の臨時給付金」が出ることになりました。

・どうすればいいの?

 この流れを変えようとするなら子育てに取り組んでくれる政治家を選ばないとダメです。個人的には「おおさか維新の会」しかないと思ってます。
 個人的に凄い期待しているのが、大学までの教育費無料を掲げている点だ。
 これが年齢制限あるのかがわからないが、個人的には年齢制限をせずに、社会に出た人に対しても大学無償化してほしいと思ってる。仕事選びで上手く行かなかったとしても、また今の仕事で自分の知識が足りないと思ったら、大学で学ぶ。学ぶことが無料になったら凄く良いことだと思うんですが・・・
 
また橋下氏も言ってたが、これが少子化対策にもなると思われる。 
また現状解決として保育ママバンクで待機児童解消に取り組んでいる
大阪市家庭的保育事業等バンクとは

橋下市長・MBS記者に「保育ママ制度」について丁寧に説明

 これが口だけじゃない証拠に、大阪維新の会所属の吉村大阪市長が5歳児無償化について来年度からの実施を掲げています

「5歳児の保育料を無償化」へ 施政方針演説で表明
平成28年度から保育所と幼稚園に通う5歳児の保育料の無償化に取り組む方針を示した。市の担当者は「政令市での無償化実施は聞いたことがない」としている。

ちなみに大阪自民党木下市会議員は、認可保育園の定員を120→80に減らそうとしたらしいです。本人は何もしてないと言ってますが、木下議員の事務所を提供したそうです。

おおさか維新の会の憲法改正試案 原案が明らかに
この教育無償化については、憲法改正原案に盛り込んだようです
 教育を受ける権利について、経済的な理由で教育の機会を奪われることがないよう、大学までの教育を無償とするとしています。また夏の選挙で公約に掲げるようです。

おおさか維新は教育無償化
生まれてから大学卒業まで、教育費に平均一千万円以上がかかっていますから、その分のお金を他のことに消費してもらえるということでもあります。個々の家庭で使えるお金が消費に回れば税収に回る。税収が上がるのであれば、さらに福祉に対するお金も回るようになります。”一石多鳥”の政策ではないでしょうか。

 現状子供の教育費用にお金がかかるのは、選挙で選んだ結果である。ならば選挙でしか修正できないと思っている。民主党が酷過ぎたので現在自民党が選ばれてるが、自民党の安部さんは僕も好きだが、現在の保育園問題を作り上げたのも自民党である。

自民党の高齢者を重視する限り、予算の関係で子供政策の教育無償化は出来ないと思われる。おおさか維新の会は、高すぎる公務員給与に手を付けて、教育無償化をするつもりらしい。

 おおさか維新の会の言ってることは、大阪市で橋下元市長が実施してきたことである。高齢者には敬老パスを有料化、公務員には給与カット、自分の給与も下げている。
 こうやって出てきた財源を給食や学校のクーラーに回したりしてきた。
 最初は、ただの橋下氏のタレント人気だったのかもしれない、しかし、現在のおおさか維新の会は、大阪という限定的なエリアだが実績を残しているのである。おおさか維新の会は「やればできるのを体験してる」のである。ここが民主党との大きな違いかと思う。

・政治に興味が無かったのでだれに投票していいかわからない

 その人が良い人かどうかは選んでみなければわかりません。
 自分もまともだと思ってたマスゾエ知事があんな人だとは知らなかったし、今は凄い支持している橋下徹氏があんなに出来る人だとは思わなかったですw
 
 人一人で政治は動きません。人が集まってようやく政治は動くのです。その所属政党で判断するしかないのが、残念ながら現実です。所属政党が自分の掲げる希望と同じことを言っている。そして選挙演説やHPで良い人だと思ったら、その人を選ぶので良いのだと思います。
 そうすることで今後の政治ニュースに関心を持ち、自分の判断が正しかったのか、間違いだったのかを追いかけるようになります。

 子育てに冷たい社会は未来が無いのはだれの目から明らかなはずである。選挙をする際に地元から誰が出て誰に入れればいいのか、所属政党が子育てにどう取り組むのかを良く調べて投票するようにしましょう。

おおさか維新の会は、大阪だけじゃないの?

おおさか維新の会は、大阪だけじゃなくて地方分権(大阪副首都が代表例)などを目的に日本を変えることを目標としています。
また今までの実績から、子供教育に対して多くの実績を残しています。子供とも多くの対話や約束してそれを実行しています。

おおさか維新の会のホームページ

橋下徹の実績(大阪維新の会実績でもある)

橋下徹と大阪の子供の対話

橋下氏は選挙を通じて街頭演説を何百回とやってきてるんですが、その街頭演説終了後に市民の人から色々な質問を受ける質問コーナーがありました。その際子供からも質問や要望を受けることが多々ありました。質問コーナーもっと政治家の人はやって欲しいな。

そのムービーがこちら
橋下徹と子供のクーラー要望(3分無いです)

子供が公園で遊びたいが、おっちゃんやごみが合って怖くて遊べないと要望
橋下徹 子供との公園の約束(1分35秒からが子供の要望) ※16年12月28日リンク切れにより削除

子供からの感謝の言葉(1:14:48ぐらいからこどもの感謝の声が聞こえてきます)※17年1月19日リンク切れ

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

フォローする

にほんブログ村ブログパーツ
スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)