SwitchにマイクロSDカードは必要なのか?後篇

マイクロSDカード

皆さんイカがお過ごしでしょうか?のぶです。

この記事は後篇です。

前回はSwitchではマイクロSDカードは必要なのか?と言う問いに対して、試し買いの人はいらないよね~と言う答えを一応出しました。

SwitchにマイクロSDカードは必要なのか?前篇
マイクロSDカード(※以下マイクロSDと省略)、それはゲームデータをためる倉庫である。 皆さんイカがお過ごしでしょうか?のぶです。 マイ...

今回は、DLソフト&パッケージソフトの良いところ悪いところ、お勧めのマイクロSD、買うのに勇気のいるマイクロSDカードまで案内しますw

※18年2月9日 色々削りました。

見出し

パッケージソフトとDLソフトの利点と欠点

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)

パッケージソフトの利点

お店に売れる

お店に売れる

パッケージソフトは、面白くなかったorクリアーしたらお店に売れる。のが最大の利点です。
DLソフトだと買って面白くなかったからと言って、DLソフトを売ることが出来ません。

スマホのゲーム、例えばポケモンGOはお店にパッケージソフトは売られていません。
ゲームのデータだけの存在です。課金してもアイテムをゲットして、その後ポケモンGO辞めたからと言って、課金アイテムをお店に売ることなどできません。

発売日を過ぎると、パッケージソフトの売値が安くなる傾向がありますが、多少なりとも楽しんだソフトがお金に再度なるのは、パッケージ版の魅力です。

ある意味くそげーというはずれソフトだった場合への保険ですね。

SwitchのメモリやマイクロSDが必要ない

ゲームは全てパッケージソフトで揃えれば、本体メモリを使うことが無いため、本体メモリの空き容量を気にする必要がほぼありません。

ゲームソフトメーカーがなくなっても、ゲームができる。

可能性は低いですが、任天堂がなくなった場合、DLソフトが出来なくなる可能性があります、任天堂は、誰にどのソフトを販売したかを管理していると思いますが、任天堂が無くなると販売リストが無くなるからですね。

スマホゲームで、ゲームのサービスが終わり、課金が無駄になってしまうのと似ています。

マー任天堂がなくなるとかは、考えにくいですけどね。

ただ、資本力に不安がある中小のゲームメーカーならありえます。
スマホげーのサービス終了するとゲームができないのと似ている

ゲームを友達に貸せる

友達と話す

DLソフトは本体ごと貸す必要が出てくるのですが、パッケージソフトを友達に売ったり貸せたり出来ます。
好きなゲームを人に進めれるのは、いいですよね~Splatoonとかの新しいシリーズものは特にそうです。

イカ仲間が増えて友達も買ってくれたりすると最高です。

パッケージ、箱が手元にある

買った実感を強く感じます。残念ながら、マニュアル類は電子化されて、ゲーム中にしか読めないのが多くなってます。

最近任天堂は、箱だけ売ってくれるケースが増えてきました。

任天堂、Switchの「箱だけ」発売 なぜ?
任天堂が「Nintendo Switch スプラトゥーン2セット」の化粧箱だけを販売している。なぜ箱だけで販売するのか。

パッケージソフトの欠点

パッケージゲーム

ソフトの出し入れが必要

ゼルダをやめて、マリカしようと思ったら、一回一回ソフトの出し入れが必要になります。

地味に重要なのは、パッケージソフトの蓋になるスロットカバーの開け閉めが発生するので、スロットカバーが壊れる原因になります。

DLソフトだと、出し入れそのものがなくなるので、スロットカバーの壊れる可能性が激減します。まー丈夫に作ってあるとは思いますけどね。

この出し入れはスマホゲームに慣れているとすごく辛いと思います。
スマホだと、ボタン一つでゲームが切り替わりますが、Switchだとソフトを出し入れしないといけないんですよね。

スマホに慣れた人は、パッケージソフトの入れ替えは「メンドクサイ」の一言です

メンドクサイのが嫌な人は、容量は少なくても安いマイクロSDを買った方が良いかもしれない。

パッケージソフトが壊れる可能性がある

ある意味一番の欠点ですね。パッケージソフトが壊れてしまう可能性があります
DLソフトは、再度ダウンロードすることが出来ますが、パッケージソフトは踏んで壊れたら終わりです。

再ダウンロードは出来る

こわれることはめったにないですが、コーヒーをこぼしたり、ポケットに入れっぱなしで洗濯するなどは、うっかりしちゃうと壊れちゃうので大事にしないとだめですね。

DLソフトに比べて、ロード時間が少し長い

わずかな差ですが、本体メモリやマイクロSDが早くロードが終わっています
パッケージソフトのロードは一番最後になっています。

ゼルダの伝説は面白いんですが、ワープすると長いロードが発生するのが欠点だと思います。

ロード時間を少しでも短くしたいなら、パッケージソフトを避けたほうが良いかもしれません。

ゼルダは、場所移動のワープを多く使わなければ、ロードの発生は少ないです。
気持ち次第ですが、そこまで気にならないと思います。
ゲームのタイムアタックしてたら、差は大きくなるので必須かもしれない。

DLソフトの利点

ストレスなくゲームが出来る

ゲームソフトの出し入れが必要ない

TV画面上で、ゼルダからマリカに変更する。これだけでマリカができます。
Switch本体のスロットカバーを触る必要がない。これがDLソフトの最大の魅力

なれると非常に楽です。

ここが我慢できるなら、DLソフトにするメリットが少ないかもしれない。

※スプラ2はパッケージからダウンロードソフトに買い換えましたw

外出先でゲームソフトを持っていく必要がない

上記理由と同じですね。ソフトがゲーム機(マイクロSD)に入っているのです。
マリオカート、ゼルダ、スプラトゥーン、ボンバーマンなど、外出先でも、ソフトを持ち歩かずにさくっとゲームの切り替えができます

ゲームソフトが壊れたり、紛失すことがない

ゲームが壊れる

Swtichのソフトは小さいので、しばらくやってなかったら無くしてしまう可能性があります。

3DSで久々にカルドセプトの箱を開けると、空になってた。え!どこ!にあるの?と焦ったことはないでしょうか?DLソフトの場合は、それがありません。

万が一、ゲーム機本体やSDカードが壊れても、修理するとDLソフトは再ダウンロードできます。

パッケージソフトに比べて、ロード時間が少し早い

ロード時間が短い順番

本体メモリ→マイクロSD→パッケージソフト 

前述の方でもやりましたが、DLソフトの方がロード時間が短いですね。

マイクロSDとパッケージソフトの差はわずかだが、例えば、ゼルダのような長時間するゲームだと結構な頻度でロードが発生するので、マイクロSDの方が良いかもしれない。

DLソフトの利点をまとめると

面倒な作業なく、ストレスなくゲームが出来るの一言に尽きます。

DLソフトの欠点

パッケージソフトの利点の逆になりますね。

中古ショップに売れない&友達に貸せない

自分の持ち物になるのですが、お店に売却できません。

ここは未確認ですが、DLソフトの権利はニンテンドーアカウントに紐付けされるので、友達に貸す&店に売るとなるとニンテンドーアカウントを登録したSwitchごと売却または貸す必要が出てきます。

SwitchとDLソフトの紐づけ解除
ニンテンドーアカウントに紐づけされているので、新しいSwitchへ登録し直しは出来る

SwitchのメモリやマイクロSDが必要になる友達になら自分のゲーム買ったニンテンドーアカウントを貸すことが出来るかもしれませんが、これをすると全てのDLソフトが出来なくなっちゃいますね。

DLソフトでゲームするには本体メモリかマイクロSDにDLソフトを入れる

DLソフトの数が増えてくると、マイクロSDは必須になります。

マイクロSDの金額が、3000円ぐらいからします
性能が高くなると、やはりそれなりのお値段がします。

パッケージソフトに比べると値段が高い傾向にある

パッケージソフト値段 ダウンロードソフト値段
パッケージソフトの値段 DLソフトの値段

ポイントは、パッケージソフトが安いうえに、Amazonポイント1%ついて来るところだろうか?

パッケージソフトが240円ほど安い上に、ポイントが付くのである。
多分、パッケージソフトの在庫を抱えたくないからかな~ 正直謎。

パッケージソフトが無い

手に取るものが無いので、本棚とかにコレクション出来ないのは悲しいですね。

本体メモリだけだと、容量が足りなくなる

本体メモリは、そこまで大きくないので、色々ゲームを入れるとマイクロSDが必要になってきます。

この辺りは、スマホのアプリと同じですね、アプリを一杯入れると「空き容量が不足しています」と言われるあれと同じ状況になる。

まーゲームを消せば、別のゲームは入れれますけどね。またやりたくなったら、ダウンロードすればOKです。ただ、ダウンロードに手間がかかります。

消す方法などはこちら

SwitchのDLゲームは消してもよいのか?
Switchは本体メモリがそこまで多くないので、ダウンロードソフトを買っているとメモリがいっぱいになってしまいます。 そうなるとゲームを消...

ここまでが、それぞれの良いとこと悪いとこにになります。

DLソフトとパッケージソフトどちらで買うべきなのか?

ゲームによります。

個人的に考えてるのは、繰り返し遊べるゲームはDLソフト
一回クリアー型は、パッケージソフトというわけ方です。

繰り返し遊べるゲームの代表

サーモンランイラスト

・Splatoon2
・どうぶつの森
・マリオカート8DX

繰り返し遊ぶゲームは、本体メモリ、マイクロSDに入れておくことでロード時間短縮、ソフトの入れ替えなしで、スムーズに遊ぶことが出来ます

一回クリア型の代表

+ボタンでチェインアタック開始

・聖剣伝説コレクション
・ゼノブレイド2
・ファイヤーエンブレム無双

一回クリア型のゲームは、クリアーしたらお店に売る、お気に入りのソフトはコレクションとして残し、たまにすることが出来ます。

たまーにしかプレイしないゲームの為に、本体メモリまたは、マイクロSDの空き領域を使うことのはもったいないと思います

※でも、いつかまたするかもしれない!やりたい時に直ぐ動かしたい!と言う人は、マイクロSDの容量の大きい奴を買うしかない

実際にDLソフトのマリオカートをやってみた

カードリッジ版と比較して、読み込み速度はそんな変わらない気がします。
たぶん、動画で横に並べないとわからないレベルの差だと思います。

今後ここにSplatoon2や、人によっては、ドラクエやARMSなどもあるだろう。ひょっとしたらどうぶつの森もでるかもしれない。

そのたびにゲームソフトの入れ替えをすることになるのか?

DLソフトの最大の魅力は、やはりソフトの入れ替えの手間がいらないことだろう。

ダウンロードゲームの容量

ゼノブレイド2入れた容量

上記画像は、17年12月でのSwitchの空き容量です。
Splatoon2とARMSの最新パッチを当てた状態です。

マイクロSD使わなくても、ゼノブレイド2 13GB、マリオ8DX 約7GB 、Splatoo2 4GB、ソフト3本で合計24GBになります。

あと8GBは余るので、ARMS(3GB)か、マリオオデッセイ(5.3GB)どちらかは余裕を持って入ると思います。

ただし、Switchはまだ1年目になるので、3~4年付き合うとなると近い将来たりなくなる可能性が高いですね。

その時はマイクロSDを買うか、やってないソフトを削除する必要がありますね。

SwitchのDLゲームは消してもよいのか?
Switchは本体メモリがそこまで多くないので、ダウンロードソフトを買っているとメモリがいっぱいになってしまいます。 そうなるとゲームを消...

DLソフト用にどのマイクロSDを買うのが良いか?

・microSDメモリーカード
・microSDHCメモリーカード
・microSDXCメモリーカード

Nintendo Switchをより快適に遊んでいただくために、読み込み速度(転送速度)が高速なmicroSDカードをおすすめします。
高速なmicroSDカードの目安

UHS-I(Ultra High Speed Phase I)対応
読み込み速度 60~95MB/秒(読み込み速度が速いほど、Nintendo Switchをより快適に遊んでいただけます)

microSDカードについて|Nintendo Switch サポート情報|Nintendo
Nintendo Switchで使用できるmicroSDカードや使用方法ついてご案内します。

「高価」だが安心の公式マイクロSD

鉄板というか、外れが無いと言う意味では、下記の公式商品になります。

32GB(2718円)と128GB(11581円)になる(価格は17年12月現在)


転送モード:SDR104対応 UHSクラスI スピードクラス10 読込80MB/s 書込15MB/s

書き込みテストに適合した任天堂公式ライセンス製品です

オススメは128GBになるが、任天堂公式メーカーでは1万円超える

公式使っていると、トラブル発生時に任天堂の応対は早いけど、 安いやつの2倍ぐらいの高価な値段だ、マイクロSD起因のトラブルは少ないため無理に買う必要はないと思う。

公式以外のマイクロSDはどこの会社が良いのか?

公式メーカーのは高い、正直良く分からないブランドの値段も上乗せされていると思う。

でも、Switchがおかしくなって任天堂に文句言う時に「任天堂公式ライセンス」商品使ってますと言えるのは強いでしょうね。

では、安くて性能が良いオススメメーカーは、サンディスク、東芝、あとパナソニックになります。
この三社は、SDカード規格を開発した企業なので、まさしく設計から製造まで手掛けている会社になります。

耐久試験とか良くわかんないけど、テストは行っていて一定の水準はありそう。

サムスンは?

サムスンは個人的に韓国に対して良いイメージがないのです。電化製品は、日本、アメリカ、台湾のメーカーが良いんじゃないかと言う印象。

しかし、それは俺が古い頭の持ち主だからなのか?Amazonでは人気商品のようである。

価格は7,980円(17年12月調べ)

東芝のマイクロSD

誰もが知っている、アニメ「サザエさん」のスポンサー放送しているTOSHIBA、近年の原発騒動でサザエさんのスポンサーを降りることが決定、そしてこのマイクロSDを作っている部門は、借金返済のために売却交渉が続けられているので、マイクロSDの「TOSHIBA」の名前が別の名前になるのかなと想像。

バルク品なので、壊れた時の保証関係が悲しいことについてない可能性がある。

しかし、この商品は95MB/Sと任天堂が求める60~95MB/Sの最大スピードのうえ、A1対応とスマホのゲーム規格にも対応している。(A1対応しているスマホゲームでは便利)

Switchでも使ってるよーと言うAmazonレビューあり。

個人的には、マイクロSDと言う商品は、コーヒこぼしたりしない限り壊れることないと思っているので、保証が無くても良いとは思う。
ただし、寿命はあるので大事に使ってあげよう

価格は7,980円(17年12月調べ) 

サンディスク(SanDisk)

サンディスクはアメリカの会社で、フラッシュメモリー(マイクロSDもフラッシュメモリの1つ)のシェア世界No.1の会社で、高い技術力と信頼性を持っている

個人的にもサンディスクなら買って問題ないと思っている。

ぼくが使っているのも、Sandiskの128GBだ。
以前載せてたのより、新しくて性能が良いのがあったので載せ替えました

海外で売ってるものをお店が輸入して売っているので、並行輸入品と書かれている。
そのため製造メーカーの保証はないが、お店独自の3年保証付けていますと言う商品。

UHS-I、A1規格対応、読み込み速度も100MB/Sとかなり高速だ。

値段も\5,090円(17年12月調べ)  とお安い価格だ。

では、長くなりましたが、マイクロSDと言うか、DLソフトの利点と欠点を案内しました。

少しでも皆さんの参考になったら幸いです。

17年版SwitchのDLソフトはAmazonが安く買えるのでオススメ
皆さんイカがお過ごしでしょうか?のぶです。 今回はSwitchでダウンロードソフト(以下DLソフト)の買い方を案内します。 どこでDLソ...
SwitchにマイクロSDカードは必要なのか?前篇
マイクロSDカード(※以下マイクロSDと省略)、それはゲームデータをためる倉庫である。 皆さんイカがお過ごしでしょうか?のぶです。 マイ...
NintendoSwitch特集ページ
色んな意味で期待しているNintendoSwitch。 忘れないように色々メモしました。 このページはジョジョに増えて行くかもしれま...
スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

フォローする

にほんブログ村ブログパーツ
スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)