美味しい焼肉「シャトーブリアン」と出会える月島屋の匠コース

月島屋の肉その1食べ物

皆さんイカがお過ごしでしょうか?のぶです。

今回はシャトーブリアンに出会えたその感想です。

スポンサーリンク

シャトーブリアンとは!

すげー美味しいヒレ肉のことをシャトーブリアンという。

牛一頭からは4kgのひれ肉がとれるが、その中でもごく一部600gのお肉がシャトーブリアンと呼ばれる。
この部分は運動しても硬くならない部分なので、すんごい柔らかいお肉。また脂身も少ない。

つまり、柔らかくて美味しいのだけどごく少量しかとれないお肉、それがシャトーブリアンになる。
わざわざ名前つき、それがメニューに載るぐらいなので、皆が認めるおいしさになる。

シャトーブリアンの由来

これには2つある

1.シャトーブリアンさんが料理人に作らせた説

2.フランスのブルターニュ地方にシャトーブリアンという都市がある。
ここが、精肉で有名な都市だったので、その名前をとりシャトーブリアンと呼ばれるようになった。

お肉のシャトーブリアンは、シャトーブリアンさんが死んだ後に出来たという話があるので、都市の名前説が正しそう。

月島屋でシャトーブリアンに出会う

 先日友人Oと焼き肉が食べたいねーということで、なんばの月島屋に足を踏み入れた。ここは初めての店だがネットで評判が良かったのだ。
 ただ実際に行ってみるとかなり高級っぽい。値段は「4500円」の千日前コースがあることは確認済だったが!やはりドキドキするのは抑えれない(笑)
 
 ただ、友人Oは一番高いコースにしようと言いやがったwマジビビる、だが、このご時世めったに会えないOの言うことなので俺も思い切って「7800円の匠コース」にした。

月島屋のメニュー

メニュー

 ここで出てきたのがシャトーブリアンである。

月島屋のシャトーブリアン

 

 シャトーブリアンが出てくる前に、塩タンをはじめ他のお肉も出てきたしレベルも高かった!
 食べ放題とか飲み放題がないのにコースで7800円である
 中途半端な肉を出せるわけないのだ、どれもが美味しいなか、正直小さな肉の塊が盛り付けされていた。

 かなり小さい、これ一つがステーキ皿で出てきたら客は皆怒りそうなサイズだw
隣にちらっと映っているのは、塩タンである。
 だが、それを焼いて口の中に入れると、美味しさだけじゃなく、食べることで感動の二文字が浮かんできたのだ。

 ありがとう、友人O、君が無茶を言わなければ、この感動には出会えなかっただろう。

 また改めて食わず嫌いは駄目だなと、食べることもまた出会いの一つだと思った。

ほかのお肉

月島屋の肉その1
右端がシャトーブリアン、この写真だと小さいのがよくわかる。
月島屋の肉その2
野菜とお肉。
月島屋のテールラーメン

お肉食べたあと、この店のテールスープはどうだろうと思って食べた。
たぶん、次は頼まないだろうw

まとめ

月島屋の匠コース

どのお肉も素晴らしい、値段相応のお肉だったが、シャトーブリアンはマジレベルが違った。

柔らかさと肉のうまみ、確かにお肉なので知ってるといえば知ってる味なのに、口に入れた瞬間から、自分の知ってる肉とは違うのがよくわかる。

シャトーブリアン単品だと4800円になる。多分大きさが違うんだと思う。

それなら色々楽しめる匠コースもありかなーと、食べた後でも価格に納得するメニューでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました