新しい防災グッツ「命を守る植木鉢」

命を守るヘルメット

皆さんイカがお過ごしでしょうか?のぶです。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)

これを待ってました!命を守るインテリア

まずは見てもらいましょう!トレたまから命を守る「植木鉢」「LAMP」です。

防災ヘルメットは? ヘルメット2 命を守るヘルメット
ライト付きヘルメット01 ライト 商品価格未定

お分かりいただけるだろうか?普段は植木鉢なのに緑ヘルメットへ、電気スタントは赤のヘルメットに早変わり。
電気スタンドはライトが絵の部分から取れるという無駄がない。
普段ヘルメットは、一般的に全く使わないので買っていてもいざという時にすぐ取り出せるか?と言うと自身ない人が多いだろう。
でもこれならば、普段から目につくところに置いておけるし、決して不自然ではない。
こういうのを待ってました!と見た時は思いました。
残念ながら、まだかぶると重いとかかぶった時に緩衝材がないせいかかぶり心地は良くないそうです。
また価格発売未定なのはそのためかなーと思います。+MET「LAMP」はぜひ一家に一台欲しいですね。まー値段次第ですね。4000円ぐらいなら買っても良いか?

株式会社谷沢製作所ヘルメット紹介動画 +MET PROJECT 応援する意味でも見てもらいたい。殆ど見られてないみたいw

命を守るテーブル

こちらは、いのちを守るインテリアって他にないのかなー?と探したらテーブルが売られてました。
地震が起こった時は、まずはどこに隠れますか?のテーブルです。凄く頑丈に作りテーブルが壊れないようにしてあります。お値段もかかってます。
しかし、値段相応の耐久性があります。

株式会社安信 防災家具【構~kamae~】 衝突実験!27トンの衝撃!

死者の80%相当、約5000人は木造家屋が倒壊し、家屋の下敷きになって即死した。特に1階で就寝中に圧死した人が多かった。
死者の10%相当、約600人は「室内家具の転倒による圧死」と推定する調査(山口大学・大田教授のグループ)があった。神戸市内の死者約2456人のうち、建物倒壊から約15分後までに亡くなった人が2221人と92%にも上り、圧死・窒息死で「即死」した人が大半を占めた[11]。
阪神大震災のWikiより

恐らくは地震の発生タイミングなどによって変わると思われるが、安全になるまでは、やはり屋内でテーブルの下に隠れるのは有効なのであろう。
そこで2.7トンの衝撃に耐えるテーブルは、地震発生時は凄く頼りになると思われる。
オプションになるが、テーブルの下にネットをつけておいて、防災グッツを置いておくってのは良いなーと思った。
お値段は13万5千円~からでセミオーダー形式で大きさやオプションを指定する必要がある。下記ホームページに詳しいオプションなど書いてあるので興味ある方はぜひご覧いただきたい。
株式会社安信

机とネットのアイディアは素晴らしいと思うが、ネットの12000円は高いと思う。
Amazonでネット買って自分で付けるのは良いと思う。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

フォローする

にほんブログ村ブログパーツ
スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)