誰でもわかるビットコイン講座その1

仮想通貨

皆さんイカがお過ごしでしょうか?のぶです。

資産運用の関係で、色々本読んでいたらビットコインに出会ったのでこのお話をしたいと思います。

ビットコインはFinTechの象徴である

仮想通貨

FinTech(フィンテック)と言う言葉が、経済番組でちょこちょこ出てくるようになりました。 金融を意味する「Finance(ファイナンス)」と、技術を意味する「Technology(テクノロジー)」を組み合わせた造語です。

特に最近はインターネットを使った新しい金融サービスが次々と公開されてます。
自分が以前紹介した人類進化ベットが資金調達でクラウドファンディングを行っていましたが、あれもFinTechですね。

四角いベットがまーるく進化した!人類進化ベット
皆さんイカがお過ごしでしょうか?のぶです。 カビゴンさんとの縁があり3匹ゲットしています。 技が今一だなーと思っていますが、かわいいの...

本来新しい製品開発への融資は銀行だけのものだったのですが、テクノロジー特にインターネットによって、個人から少額の資金を集め、新しい製品開発にお金が回るようになったんですね。

テクノロジーにより金融が変わり、新しい人々が求める製品開発にお金が行きとどく、素晴らしいことだと思います。

ビットコインはそのFintechの象徴となるものだと思っています。そう金融の大本であるお金を国の力を使わずTechnologyのみで作ったと言うことですね。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)

ビットコインって何?

ビットコインは、一言で言えば「新しい形のお金」になります。今までのお金と違って管理する人が居らずプログラム上のみで存在するものとなります。

その為凄くお金のやり取りすることに対して携わる人が少ないため手数料が非常に安いと言うのが特徴です。

ただ、今までのお金と違ってビットコインを管理する人が居ないためトラブルが起こってもだれも保証してくれない。新しすぎるのでまだ法律的に整備が整ってない面があります

ある意味新しいお金なのでどう付き合っていくかを多くの人が手さぐりで行っている状態です。

仮想通貨の種類は数知れず

ちなみに、ビットコインは、暗号通貨、仮想通貨などと呼ばれております。
正確に言うと仮想通貨は、日本のマスコミの命名。海外では暗号通貨と呼ばれます。

簡単に言うと、お金という枠組みに円やドルがあるように、仮想通貨の中にビットコインやモナーコイン、イーサリアム、Rippleと言った仮想通貨があると言うことですね。

その仮想通貨は最初ビットコインだけだったのですが、技術自身は公開されているので、いまは750種類とか数多くの仮想通貨が登場しています。

オマエモナー

日本生まれのMONAコインとかあります。2chで人気のモナーのコインですね。

Zaifと言う取引所でモナーコインは取引出来ます。Zaifは大阪にある会社なので個人的に応援しています。取引するとお金もらえるのも素晴らしい。

ただ、モナーコインは将来性あるのかさっぱりです。個人的には凄い注目しているんだけどねw

リップルはGoogleがバックにいるので将来性ありそう。

ビットコインには管理者が居ない

日本円で例えます。
1万円と書いただけの紙をみんながやりとしているのは、日本国がこれは1万円の価値があるよなどと、保証してくれているので日本国への信頼の元、みんなが紙切れに1万円の価値を認めて利用しているのです。

WAONなどの電子マネーだと、国は保証してくれてないですが、イオンというお店が、楽天ポイントだと楽天というお店が保証します。

しかし、ビットコインはだれも保障しません。
しいて言うなら、ブロックチェーンと言う新しい技術がビットコインの信頼の源になっているのだと思います。

でも、だれも保証しないのに皆が欲しがるもの、これって金や宝石などに似てますよね。その為かビットコインは良く金にたとえられます。

ビットコインは金に似ている
ビットコインに関するものを読んでいくと、現代の錬金術と言う言葉が思い浮かびました。

仮想通貨は手数料が安い

円だと送金、振り込みなどにお金がかかりますが、これは銀行がお金のやり取りを全て管理する際の様々なコストがかかっているために発生しています

ビットコインだと今までのビットコインのやり取りをブロックチェーン技術で賄っており、管理コストなどが非常に安く抑えれるので、その分手数料が非常にやすいです。

その為海外への出稼ぎに来ている人や、日本だと海外留学生への仕送りなどの送金で使われることが多いようです。

メガ銀、フィンテック加速
三井住友・みずほ、仮想通貨に出資 三菱UFJはAI活用

みずほキャピタル、SMBCベンチャーキャピタルと第一生命保険は13日、仮想通貨取引所のビットフライヤー(東京・港)に出資した。出資額は計約2億円。三菱UFJの投資会社である三菱UFJキャピタルも出資済みで、3メガグループがそろって投資した。

 ビットフライヤーがノウハウを持つ仮想通貨を安全に使う技術を使えば、今は10万円送るのに数千円かかる海外への銀行送金を大幅に安くできる。ネットを通じ24時間送金できる仕組みを作れる。

これは先日の日経載ってた内容ですが、ここに書いてある「仮想通貨を安全に使う技術を使えば、海外への銀行送金が大幅に安くできる。」がブロックチェーン技術になると思われます。

一般の人には目にすることはあまりないビットコインですが、企業、特に銀行にとっては無視出来ない存在になっています。

なんせ24時間送金が出来、手数料も今まで以上に安くお金のやり取りが出来るんですからね、ビットコインの技術と敵対するのではなく、研究し自分たちの中に取り込むのに必死なのでしょう。

ちなみにこのメガバンクが投資したのは「bitFlyer」と言う会社で日本では一番大きなビットコイン取引所となる。

物流のやり取りが加速される

お金のやり取りが早くなり手数料も安くなるとなると商売が活発になります
日本だと支払いはクレジットカードが多いのですが、ビットコインの手数料が安いとなると、クレジットカードでの決算より、ビットコインで支払いを受け入れるお店も多くなるでしょう。

自分は知らなかったのですが、クレジットカードの手数料は高いみたいですね。

モバイル決済とは簡単に言えば、iPhoneやAndroidといったスマホや、iPad等のタブレット端末を利用したクレジットカード決済のこと。気になるその手数料率は3.25%程度に設定されているので、現状、4~7%程度の料率を払っている経営者なら、このモバイル決済に切り替えるだけでOKです。

クレジットカードの加盟店手数料を下げるための5つの方法まとめ!高い手数料を払ってる経営者は今すぐ、カード手数料を安くしよう。 - クレジットカードの読みもの
今回はレストランや小売店といった店舗経営者のために、クレジットカードの加盟店手数料を下げるための方法をまとめてみたいと思います。 正直、クレジットカード業界関係者からは『そんなの記事にするなよ!』とか、『手数料が下がると儲けが減るだろ!』と憤慨されてしまいそうな内容ではありますが、今のまま、手数料率が高止まりしている状...

手数料が安くなると商品も安くなる可能性が高いです。

ビットコインの日本での普及

下記に書きますが、海外では諸事情でビットコインの普及率が高いです。

観光立国を目指す日本でも今後ビットコインが使えるお店が増えて行くと思われます。今年2017年に日本でも仮想通貨の法律が施行されます。

特に日本は2020年、あと3年後には東京オリンピックが控えているので、日本でも今後ビットコインを目にする機会が増えるかと思います。

インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」が普及し始めている。国内でビットコインを支払いに使える店舗は2017年中にも現在の約5倍の2万カ所まで増える見通しだ。海外では10万カ所以上で使えるなど急拡大しており、訪日外国人の増加に対応するために、小売店などが導入するケースが増えているようだ。

ビットコイン対応店舗、国内2万カ所へ急拡大 17年中にも
 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」が普及し始めている。国内でビットコインを支払いに使える店舗は2017年中にも現在の約5倍の2万カ所まで増える見通しだ。海外では10万カ所以上で使えるなど急拡

金融危機でビットコインが注目される

日本のニュースでも賑わったギリシャ危機の時です。キプロスと言う小さな島も大混乱になってました。他のEU諸国、IMFと言う国際組織からお金をもらう条件が、国民に負担させろと言う条件だったからです

国民からすると自分の財産が没収される内容なので、みんな銀行からお金をおろします。

銀行に並ぶ人たち
金融危機で銀行に並ぶ人たち

問題はおろしたお金をどこに持っていくかです。

別の貴金属だと価値があると判断されるので、没収される恐れがあります。そこで目を付けたのが、ビットコインと言うことになります。

 2009年に作られたこのデジタル通貨には、物理的な形はなく、規制もほぼない。ABCニュースによると、キプロスの経済的局面を懸念した欧州の投資家がビットコインを買ったことから、これまでは1ビットコイン=40ドルだったが、2週間で同72ドルに上昇したという。

キプロス危機で、電子マネー「ビットコイン」の人気高まる

※リンク切れによりリンク削除(17年8月20日追記)

どうもキプロスでは、ユーロが導入されてたこともあり、ユーロという法定通貨への信頼が落ちたためビットコインへ流れたみたいですね。

アルゼンチンも破綻していますが、そこまで動いてないと言うことなので大国と言う影響ある通貨が信頼が揺らぐと、ビットコインの価格が跳ね上がるんでしょうね。
どこかの国が不幸になるとビットコインでもうける人がいるんでしょうねw

ここで言いたいのは、手数料コストの安さや手軽さ、そして金融不安などの理由で日本以上に海外では、ビットコインが普及しています。

アメリカではスタバやAmazonなどでビットコイン支払いが出来ます。
また台湾にあるファミリーマートでは、ビットコインが購入出来ます。
日本では出来ないんですけどね。

台湾のファミマでビットコインを買える話は実は奥が深かった - ビットコインダンジョン
みなさんファミマ(ファミリーマート)には普段からお世話になってますか?ファミマファンの人も多いでしょう・・・。ちなみにしいて言うなら自分はローソン派です。どうでもいい笑 日本では知らない人も多いと思いますが、台湾ってコンビニが日本以上にめちゃくちゃ一般化しており、面積当たりのコンビニ数が日本を上回って世界一なんですよ。...

ビットコインは日本でも普及する

日本では海外と違って日本円への信頼度、クレジットカードの普及などで、ビットコインを使う人は少数派になります。

しかし、外国人観光客の増加でビットコイン支払いを求める人が増えて、クレジットカード手数料の高さから徐々にビットコインを使うお店が増えてくる可能性があります。

支払いとして使えるとなれば、日本人の僕らでも利用する機会が増えるかもしれません。

ビットコインと言う仮想通貨は、Iphoneやゲーム機のように今すぐ楽しませてくれるものではありませんが、地味ながらも社会を大きく変化させる大きな技術革新だと思います

仮想通貨の信頼性を支えているブロックチェーンについては、また別の機会にやりたいと思います。

ではイカよろしくー!

ビットコイン投資などのお金節約まとめ
お金にかかわるものをここにまとめてます。 生活習慣 確定申告 格安simについて   ビットコイン ...
スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

フォローする

にほんブログ村ブログパーツ
スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)