ガチマッチで味方イカに付きまとうメリット

ikamark

皆さんイカがお過ごしでしょうか?のぶです。

ちょこちょこリッター以外のものを使い始めたのぶですが、やはりシューターがバランス取れてて強いなーと思います。
何といっても多少の敵インクがあっても切り込めるのが素晴らしい。
そして安全シューズがつえーつえーいうのもわかりました。リッターでは要らないんですよね。敵インクに突っ込む必要ないので、突っ込んでしまったらスタートにジャンプするのが良いと思います。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)

好きな武器の良いとこ悪いとこを把握するには

今からSplatoonはじめてもしリッターを使いたいと言う人が居たら、シューターである程度触ってからリッター触るのをお勧めしますね。
リッターだけを使ったおれだからこそ言えますが、リッターはスゲー特殊職なので、ほかの武器を使った時に、テクニックで応用が出来ないです。
まー試合の運び方はどの武器でも一緒ですけどね。

自分がリッターを触って、プライム触って、96ガロンさわってと色々触ることで、プライム遅いなーとかシールド展開するの遅いとか、リッターの強さとか96ガロンの弱さとかを知ることが出来ます。ある程度1つの武器を触ることで、自分の中に良いとこ悪とこを判断する物差しが出来るのでそれから色々触ったほうが、次の武器を触る時に武器の理解が早いんじゃないかなーと思います。
Cの時に色々さわって気にいった武器でAクラスに来るまでは一つの武器でやった方がいいのかなーと思ってます。
まーおれはBクラスでローラーからリッターに乗り変えて、一応S+に行きました。今思えば、ローラーの良いとこ全く生かせずに投げ出したなーと思います。
また、シューターを使うことで、足元のインクを塗られると凄いつらいこともわかりました。
他の武器使ってるとサポートの仕方も幅が広がると思います。

さてその試合運びについてまた気づいたのでメモしておきます

リッターだからこそ味方イカに付きまとうべきである

9.味方イカを囮にして敵イカを倒そう、その為にも味方イカの状況を常にみよう(5/21追記)

チャージャーは味方を囮にして敵イカを討つべし!と先日書きました。
これは気づかなかったのですが、これを続けるともう一つ利点が出来ます。
敵イカにチャージャーの居場所を読まれにくいという利点ですね。

味方イカについて回ることになるので、固定の芋虫ではなくジプシーのごとく移動することが多くなるます。
まーその代わり多くの場所で臨機応変に戦う必要が出てきますがね。
でも、上手いチャージャーっていつも「えー何時の間にそこに移動した?」ってとこから撃たれること多いですからね。

相手に居場所を探らせず、味方イカに注意がいってる敵イカを狙撃する。

この技術を身につけるなら味方イカに常に付いて回るよう意識するのが良いかなと思います。
まーそうすると常に2対1と敵より多い状態で戦えるはずです。

2対1、数の優位のメリット

1.自分がやられても味方イカが倒してくれる機会が増えます(無駄死ににならない)
2.味方イカを囮に出来るので、敵が自分の射線に対して回避行動をとらないので当てやすい
3.敵イカはどっちを倒せばいいのか迷う判断が出てくるので倒しやすい

この行動により敵イカより数の優位を取り易くなるので、インクの塗り合いで優位に立てるので、試合展開で有利にもてます
ただ、この戦いはシューター同志より、リッターとシューターのように射程が違うものでの戦いの方がより良い関係が出来ると思います。
チャージャーの人はシュータの味方イカについて行き、シューターの人はチャージャーが居る付近で戦うと2対1のメリットを良く感じれるようになると思います。

つまり、GamepadのMAPを良く見ろってことですね!w
当たり前なのに、ゲームプレイ中は目の前のことに夢中になり、実践できてないと思います。その時は
スプラトゥーン立ち回りまとめ(随時修正中) を見ながらプレイすることをお勧めします。
見たから行動できるとは限りませんが、意識して行動が始まり、行動することで身に付くのです。頑張りましょう

ということで、今日はこの辺でイカよろしくー

スプラ&スプラ2まとめ
スプラトゥーンにかかわるものをまとめました 上から新しい記事になります。 Splatoon記事まとめ Splatoon2がらみ Xに...
スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

フォローする

にほんブログ村ブログパーツ
スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)