Splatoon2のマッチングはダメなのか?

ikaWidget2の数字1

皆さんイカがお過ごしでしょうか?のぶです。

ある意味ゲームの面白さの根幹にかかわるチーム分け、マッチングについてです。

※17年9月15日 158試合のデータをちょっと付け加えました。

何故マッチングが面白さに関わるのか?

勝てたり勝てなかったりすることがSplatoonの面白さに繋がります。

我慢できる連敗であれば、頑張れますが、10連敗とかすると心が折れてその日は寝てしまうでしょう。

個人的には5連敗すると悲しくなりますw

そんな勝ち負けを乗り越えて、連勝して、上のランクに上れると負けてた分嬉しさも格別です。

ただ、Splatoon2はチーム戦です。自分ひとりでは勝てないので、チームメンバーもかなり重要になってきます。

そのチームメンバーを決めるのがマッチングです。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)

Splatoon2のマッチングの決め方。

マッチングは、調子のいい人と調子の悪い人が組み合わせで作られます。

具体的には、過去32試合分で勝利数から敗北数を引く。 この数字で2チームが同じ位になるように組み合わせが決まるようです。

チームの決め方(予想)

同じランクで空いている人を見つけます。

戦績で数字を出します。この数字の高い人と低い人を組み合わせでチームが決められます。

総合計の数字が近いチーム同士で組みますが、どうしても連勝などがあると連敗している人と組まされることになる。

この戦績の数字は、スマホアプリのikaWidget2でわかります。

時々この組み合わせで連敗の人を連れてこられるとダメだと、介護マッチングだと言う人もいますが、これはしょうがないと思います。

調子の悪い人が、連敗を止める為に調子を取り戻すためには、連勝している人の力借りないと自分の力だけでは難しいですよね。

勝ったり負けたりするから面白いんです。
逆に連敗している人が居ても勝ちに導けるのなら、その人は上のランクに行く力があると思います。

実際のikaWidget2の数字

ikaWidget2の数字1

これは勝てた時の数字です。

ikaWidget2の数字2

負けた時の数字です。

まーここで言えるのは、介護マッチングがどうのこうのと言うよりは、

チームがまとまってれば、連敗している人が多くても勝てるし、チームがまとまってなければ、連勝している人が多くても負ける。

と言うことです。

団体行動が出来るかが、勝ち負けの1つのポイントですね。

Splatoon2はデス数が多いと負ける

先日紹介した本にも載ってますが、トッププレイヤーが3人いて3人が口そろえる勝ちの秘訣は、死ぬな!と言うことです。

皆さんイカがお過ごしでしょうか?のぶです。 初代S+99維持で今回S+カンスト組が攻略本作成に協力しているということで興味が出たので買って...

上の数字見ているとデスが多いチームが、だいたい負けます

人数差の不利、ランチェスター1
人数差の不利、ランチェスター2

上の画像は残念ながら、広いものです。

画像で説明していることは、同じレベルのイカ同士集まったら、人数が多い方が勝つ!と言うごく当たり前のことを言っています。

ただ、それを数学的に証明しているんですよね。

しかし、人数が多い方が有利なのは、Splatoonやっていると体感的にみんな分かっていると思います。

ゲームシステムも、人数少ないとウデマエ割れないシステムになってますからね。

死んでる人が多いと、攻め時に人数差で負けて攻めれないんですよね。

死ぬと攻めるチャンスがつかめないので、やはり死なずにみんなで足並みそろえて攻めるのが一番良いですね。

介護マッチが影響しているのか?158試合の勝ち負けを見た

勝敗 有利 不利 総計
Win 36 49 85
Lose 29 44 73
総計 65 93 158

ikaWidget2の4人数字をチームごとで合計した。
合計数で多い方が有利、少ない方を不利としてカウントした。

意外なことに、不利な試合の方が多い。

やはり、不利な状況を跳ね返せないと、上には上がれないと言うことだと思います。

ちなみにこの期間のランクはA+~S+でルールは三種とも含んでいます。

Splatoon2のマッチングのその他のルール

・ダイタイ似たような行動する人同士が、組み合う。

・チャージャー2人居たら、別のチームになる。

などなど、マッチングには勝率以外のルールがあるようです。

現在のマッチングの悪い点

S+5で連敗してゲージが割れてしまうとS+0に戻るようです。

これはひどいと思いますw
S+4と言った1つ減るシステムにして欲しいと思います。

まー自分がS+1とか2とかになるのはだいぶ先だと思いますけどね。

ウデマエに関する変更

S+1以上のウデマエでウデマエダウンしたとき、プレイヤーのガチパワーによっては、S+0まで一気に降格することがありましたが、一度に最大5段階までしか降格しないように変更しました。
上記の変更に伴い、S+0~49のウデマエキープに必要なメーターの量を、全体の40%から、全体の50%に増やしました

Ver1.4.0以降は上記のように改められました。

マッチングまとめ

今回の17年9月の更新で、マッチングも修正されているようです。

Splatoonと言うかゲームのマッチングは、Bestのマッチングが無くて、常に修正、修正となるんだと思います。

少しでも早く、そして接戦が出来て負けもするけど、勝ちも出来るマッチングですね。

永遠に設定が見直されて、よりよいマッチングをするように調整が入るのだと思います。

ということで、今回はこの辺りで、イカよろしくー

ゲーム攻略大全Vol.7はTOPプレイヤーの話が載っています。財布に余裕があればオススメ。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

フォローする

にほんブログ村ブログパーツ