レビュー世界最強クラス粘着力ジェルパッド「フィックスエイト」

ジェルパッドのフィックスエイト

壁にフィックスエイトを貼り付けると、その上は何でもくっつけることで何でもくっつけれます。(重くなければ)
すまたんという朝の番組見た時は、これは面白いと思ってさっそく買ってみました。

フィックスエイトとは!

これを使うと色んなものが色んなところに、くっつけれる。しかも、繰り返し使えるというすぐれもの。
公式は、台所でタブレットとスマホをくっ付けるやり方を紹介している

台所でタブレット
スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)

フィックスエイトを使ってみる

実際にくっつけて見たら、壁にカラダカルピスがくっつけれましたww

カラダカルピスを壁にくっつける
ただ、別の部屋にくっつけると、なぜか5分もしないうちに剥がれた。
壁にしっかり、ジェルパッドを貼り付けないとダメな時があるのかな?

フィックエイトを開墾

メール便みたいなので届きました。

メール便

マニュアル?

フィックスエイトのマニュアル

このマニュアル文中は、フィックスエイトと書いているけど、製品名「フィックエイト」なんです。
アマゾンの出品者コメントに「株式会社ラブロスは国内正規総代理店です。 中国の偽物 コピー品に注意してください」と書いているけど、製品名が「フィックエイト」だと、中国のパチモンくさいですよねw

商品を開封する場所に説明書が貼ってある

ここはもう少し考えて欲しい。開封したら、説明書が破れてしまいました。

破れた説明書

もし興味がある人は、ハサミでビニールを明けた方が良いかもしれない。

フィックスエイトの大きさ

ジェルパッドのフィックスエイト

カラダカルピスと比べるとわかりやすいと思います。大体、コースターと同じぐらいか、こころもち小さいぐらいですね。

透明のビニールが付いているので、明けて直ぐ何かにくっつくことはないです。

利点

粘着力が落ちても、水洗いで粘着力が戻るので繰り返し使える。
世界最強クラスの粘着力なだけあって、中のあるペッドボトルぐらいは落ちないし、ジェルパッドもはがれない。

水洗いOK
この画像は公式の画像です。

欠点

・世界最強クラスの粘着力で、ペンキなどがバリっとはがれる恐れがある。
 このためスマホカバーのアクセや、壁の塗装などが剥がれてしまうかもしれない。
・説明書の貼る場所を考えて欲しい
・なぜか、すぐはがれる時がある。
 カラダカルピスを別の部屋で貼ってみたけど5分ほどで剥がれた
  洗ったら長持ちしているので、2~3回はがしたら、洗った方が良いかもしれない。
・水洗いしてタオルでふくと粘着力で糸くずがつく

まとめ

面白いものだが、世界最強クラスと言う粘着力が強すぎて、塗装とかがはがれそうになるので、使い方が限られてしまいそう。
しっかり
塗装がしっかりしている、車でスマホの音楽を聴いたり、カーナビ代わりにする際の台として使ったりすることが考えれそう。

スマホを壁にくっつける

個人的には、手洗い場やトイレに棚がないので、これを使って一時的なスマホ置き場として使ってみます。
使いどころを間違えたら、大事なものが落ちて大変そうだが、正しく使えると結構重宝しそうな商品ですね。

では、イカよろしく~!

使ってみて面白かったお勧め商品
トレたまなど自分が見て面白そうと思った商品を紹介。 Python&プログラム超!初心者は「スラスラ読める Pythonふりがなプログラミン...
スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

フォローする

にほんブログ村ブログパーツ
スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)