使うだけで値段が割り引かれる魔法のP-oneカード

Dollar

常に値引きされる魔法のカード「P-oneカード」について

最近お金について良く考えている。
自分は、しばらく無職だったこともあり少ない年金が人より少なくなるのが確定
人より少ない年金がずさんな管理により、将来的に減額、また開始時期が遅くなるのは大いにありえるだろう。

お金を育てるために出費を減らすことを考える。大事なお金を不用意に使わないためだ。
そのためには安いものを買う必要があるのだが、実質的に割引と言う表現でついてくるのが「ポイント」
ただ、このポイントをもらうためにポイントカードが必要になる、またせっかく作ったポイントは他の系列店では使えない。 ポイント管理も面倒~と思うこともあるだろう。

そんなときに使うのが「P-oneカード」だ、このカードの特徴はほとんどの商品が
「1%引き」になるということだ。1%引きを適用するための手続きなど全く必要ない。
商品の支払いをするときに、P-oneカードを提示するだけなのだ。
もちろん値引きにならない例外はあり代表格は電子マネーチャージなどがわかりやすいだろう。
nanakoチャージなどは出来ないのだ。(ここはローソンポンタを使おう)
ただ、コンビニやスーパーと言った日常生活ではほとんど問題ないだろうし、税金なども1%引きになるが残念ながら大阪市をはじめカードが使えないところが多いのが現状だ。固定資産税などをこのカードで払いたいものである。

ポイントは殆ど着かないのだが請求時に請求金額が1%へった形で請求書が来る。
カード枚数を少なくしたいのでカード作ってないお店や、ポイントが付かない病院など汎用的に使えるので重宝する
基本どこでも使えるうえに、ポイントでの還元ではなく現金支払い額が1%引かれるのが良い。
ポイントだとポイント使わないと得になってないのだ。

ちなみに消費税は原価にかかるので税抜き価格が割引対象だ。
 例えば
 ニコニコ動画のプレミアムは540円(税込)の請求は
 540-5=535
 535円の請求となり、このうち-5円がP-oneカードの効果になる

たまにしか行かないお店や初めてのお店なんかには良い感じだ。
請求書の値引き額が大きいと高い買い物して本当はだめなはずなのに
得した感じがして(・∀・)ニヤニヤしてしまう。

今回カードを色々見てたが、年会費無料でポイント計算しなくて良くて、ほとんど1%値引きしてくれる「P-oneカード」これ最強だと思う。
ちなみにスタンダードとP-one Wizが年会費無料なので、この二つから選ぶことがほとんどだろう。
そして出来るならP-oneWizを選ぶのが良い、ポイントがついたうえにそのポイントがTpointとして交換できるからだ。
ただし、リボ払い用のカードなので最初に「常に一括払い」となる「ずっと全額コース」を選んでおけば、リボ手数料も掛からないため、通常のクレジットカードと同じように所持できます。

でも、なんか知らないけど知名度低いんだよな、カード雑誌とかネット見ててもあまり出てこない。

P-oneお申し込みはこちら
P-oneカード

でも最近はもっと踏み込んで生活するために、カードが増えてきました。
また今度書きます。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

フォローする

にほんブログ村ブログパーツ
スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)