ゲームも天神祭もFintechに助けてもらってる

クラウドファンディング天神

皆さんご機嫌いかがでしょうか?のぶです。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)

ゲーム業界にも影響のあるFintech

皆さんfintechという言葉をご存じでしょうか?
金融サービスをIT技術で作り直す、見直すとを言う言葉らしいんです。
この説明では良く分からないかと思います。具体的に紹介しましょう。

ゲーム開発の資金集めにFintech

五十嵐孝司氏は、『悪魔城ドラキュラ』シリーズのプロデューサーだったんですが、コナミ退社後に新たなゲーム作りたいと言うことで、Kickstarterと呼ばれるクラウドファンディングで資金集めを実施しています。

今回五十嵐氏が銀行に行ったのかはわかりませんが、銀行はお金を貸す時は、その会社の財務体質や決算書や事業計画など検査する部分が多い。
それに対してKickstarterは、一般の人からインターネットを通じて資金を募るのである。
お金が集まるかわからないが、五十嵐氏はこれで資金集めに成功しゲーム開発を実施している。

2017年3月に販売予定である 個人的に凄い期待している。
悪魔城IGAの『Bloodstained』日本語版が京都でプレイアブル展示!

お金を出資するのは銀行だけではなくなった

今までは何か事業するためには、銀行に出資してもらう必要があった。しかし、ITが発達し金融サービスを見直すことで、銀行以外のベンチャー企業が金融業に参入してきたのである。
これによってKickstarterなどのように今までであれば日の目を見ることのなかったゲームソフトや、新しいサービスが生まれてきている。
とは言え、このクラウドファンディングには、注目されないと成立しない現実もある。

天神祭とFintech

【第2弾】天神祭の諸神事を復興し五千発の奉納花火を打上げたい

一回目のクラウドファンディング、五千発の奉納花火では無事成立した。
しかし、二回目のクラウドファンディングでは、全く金額が足りておらずあと5日で成立は難しそうである。
内容としては素晴らしいと思うが、天神祭の古来儀式の復活させるためと言う内容が、花火5000発と言うメッセージに比べてわかりにくかったのではないか?と思う。

あと宣伝不足かな。知らないと応援できないしね。

しかし、やはり実際に応援をしようとしても出来ない人が多いのではないとかと思います。

Q. 支援方法はなにがありますか?

A. クレジッカード決済(JCB/Master/VISA/American Express/Diners)と銀行振込がご利用いただけます。※銀行振込は1万円以上のご支援から可能です。
FAQ / ヘルプページより

ITを駆使したクラウドファンディングと良いながら、電子マネーなど対応していない。
クレジットカードは、カード3億枚発行枚数があると言いながら使用率は12~13%と言うことなので、やはり利用者はかなり少ないのが現状みたい。

伝統行事は、昔と違って担い手が少なくなる、また氏子制度が成り立たないのが現実なので、Fintechを進めて、もっと応援しやすくしてほしいと思います。

WiiUでは、ICOCAと言った電子マネーでダウンロードゲームが買えるので欲しい時にすぐ買える。
あんな感じでさくっと決済出来るようにしてほしいな。

Fintechによって今後どうなるのか?

銀行だけでは難しかったプロジェクトに対して新たな支援者をITの力で募ることが出来ることをし増している。しかし、これで終わりではなく、今後意外なところでFintechが行われて意外なサービスが行われていくと思います。
イオンがアプリ通帳と言うスマフォが銀行通帳変わりになるアプリを提供している。アプリとしての機能はほぼないけど。 今後色々出来るようになると思うのでちょっと期待している。

このように銀行は、安心と使い勝手を提供していき、クラウドファンディングのように新たなベンチャー企業が、お金の流れをまた変えていくと思われる。

では今回はこのあたりでイカよろしくー!



スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

フォローする

にほんブログ村ブログパーツ
スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)