40代のおっさんが健康のためヨーグルトを作ってみた

LG21菌は増えにくい

皆さんイカがお過ごしでしょうかのぶです

ヨーグルトメーカーを買ったわけ

今回ナチュラルローソンのヨーグルトに影響受けて自分でもヨーグルト作って毎日食べる習慣をつけようと考えました。

あれ見るとヨーグルトの味は、ドライフルーツで調整できるなと・・・

つまり、ヨーグルトもドライフルーツも自分で用意したら安くておいしんじゃね?

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)

実際に作ってみた感想

作ること自身は簡単でしたしかしおいしいヨーグルトを作ると言うのはまた別問題だなぁっていうのが正直なところです

いろいろと気をつける点は多いですけれどけど経済的であり美味しく健康なヨーグルトを食べると言う意味では自分で作るのがほんと1番だなと思ってますので紹介しようと思います

自作ヨーグルトの作成手順

・ヨーグルトメーカー アイリスオーヤマ版の場合

1.ヨーグルトと牛乳をスーパーで買ってきます

2.牛乳パックにヨーグルト入れて混ぜます。

そして牛乳パックをヨーグルトメーカーに入れて、自動ボタンを押してスタートです。

大雑把な手順としてはこれだけです! ね!簡単でしょう?

ね!簡単でしょ?ボブの絵画教室

そう!簡単だと思ってやってみた!

買ったヨーグルトメーカーは、アイリスオーヤマ 「KYM-013」

これを買ったのは、前商品IYM-012が非常に評価が高いんですよね。

新作「013」と旧作「012」の違い

値段は旧作「012」の方が2500円ほど安い

新作「013」は、飲むヨーグルトが作れる、ヨーグルトを作る際に、温度や時間を自動で設定してくれる「自動ボタン」が付いている

お金は後から稼げるが、飲むヨーグルト作成と自動ボタンを後からつけることは出来ないと自分は思った。

ヨーグルト作成を続ける意欲を持ち続ける為にもマニュアル操作は、素人には厳しいだろうなと思ったんですよね。ボタン一つで作れるならそれに越したことは無い。

結果2500円払うと飲むヨーグルトが作れるのと、自動ボタンが付いていると考えて新作「KYM-013」を買いました。

ちなみに、IYMとKYMと種類があるらしいが、どうも付属品の数に違いがあり、IYMの方が付属品数が多い分ちょっとお値段高いらしい。

付属品が少ない「KYM-013」を使って今のところ不自由はしていない。

ヨーグルトメーカー「KYM-013」商品到着!

ヨーグルトメーカーの送付箱

今回はビックカメラ楽天で購入。
相変わらず送付する箱がでけー

自分の買ったタイミングではポイントも考えるとAmazonより安かった。

ヨーグルトメーカーの箱

比較用のペットボトルの大きさで、大分小さい箱になったのがわかってもらえればと思います。

湯沸かし電気ポットよりちょっと小さいかも。

ヨーグルトメーカー「KYM-013」内容物

ヨーグルトメーカー「KYM-013内容物」

右側のものはかき混ぜたり、ギリシャヨーグルトを作る際に使うらしい。
でも、素人の自分はそれを作る予定はないので、無くさないように箱に入れておく。

マニュアルとレシピ集について

電源を家rた状態

写真は500mlの牛乳パックを入れて電源を入れたものです。

マニュアルは、正直いらないレベルの単純な機械です。

「ー」と「+」で飲むヨーグルトか、ノーマルのヨーグルトかなど種類を選んで、自動ボタンを押して、スタートを押す。

これで機械が動きます。

音もしなかったので、正直動いているのか良く分からなかったですw

レシピ集が最初は必須

基本1000mlの牛乳を使うことを前提にしているので、500mlの分量だと時間や温度を変更する必要があるのか?とそこを迷って中々スタート出来なかったです。

それはマニュアルになく、レシピ集に乗ってました。

プレーンヨーグルトの作り方

自家製ヨーグルトの作り方のレシピ。

カスピ海ヨーグルトの作り方

カスピ海ヨーグルトの作り方。

見てもらうとわかるけど、分量の比率をしっかりしておけば、後は自動メニューにお任せである。

最初はレシピ集見ながら分量の比率を守っていけば簡単に自家製ヨーグルトが作れそうだ。

実際に自家製ヨーグルトを作ってみた

ヨーグルトの材料

家にあったLG21と北海道牛乳500mlで作成。

自家製ヨーグルト

結果上手いこと出来ました!

ヨーグルトメーカーで作った ヨーグルトは市販品より酸っぱい

正直最初の一言は「すっぱい」出したw

失敗かなと思って色々調べたんですが、一般的なメーカーのヨーグルトは砂糖など入れて食べやすい味に調整されているんですね。

自家製ヨーグルトは砂糖が入っていないので健康には良い。

だが、味の調整が必要!

イチゴにかけて食べた

イチゴ入りヨーグルト

イチゴの甘さとヨーグルトのすっぱさが上手い具合に混ざって、偶然だろうけどこれは本当に美味しかった。

個人的には、ドライフルーツなどと混ぜて食べようと思っています。

ただまー、ヨーグルト250mlって多いなw(今回作った分の半分を食べてます)

LG21は100gちょっとなので、単純に2.5倍ぐらいの量。

自家製ヨーグルトは日持ちしない

目安として5日らしいです。でも、時間がたつと発酵が進んでどんどんすっぱくなるらしい。

これを考えると、自動作成では自家製ヨーグルトは9時間となっているけれど、酸味が強いと感じた場合は発酵時間を8時間といった時間を短くするとすっぱさが押さえれると言うことだ。

試行錯誤は居るだろうけど、体に良いヨーグルトを「楽に、安く、美味しく」食べる為にしばらく色々とやってみようと思います。

もうちょっとだけ自家製ヨーグルトネタがあるので、また次回記事にしたいと思います。

使ってみて面白かったお勧め商品
トレたまなど自分が見て面白そうと思った商品を紹介。 2018年版買ってがっかり!デメリットも多い「Kindle Paperwhite」 ...
スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

フォローする

にほんブログ村ブログパーツ
スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)